施術の特徴についてお話しします。

当院の施術法は大きく分けて二つあります。

1つは一般的な言葉でいう気を用いた施術です。

この気というエネルギーは波動、ヒーリングパワー、エネルギーワークなど別の言葉で表現されることもあります。

日本では明治・大正など古くから霊術とも呼ばれていましたが、途絶えつつある呼び名です。

海外になると中国では気功、ハワイではマナ、チベットではルンと呼ばれています。

また西洋的な呼び方をするとヒーリングという呼び方もあります。

この目に見えない力で行う施術は運動やスポーツや勉強などと同じで生まれながらの素質や、上手い下手などはありますが、やり方を学べば誰にでもできます。

同業者でも知識のとぼしさから勘違いされている方もいますが、特別な存在でなければできないという事はありません。

しかし、自在に操れるかどうかは、気を感じる力や気を扱う能力によって、雲泥の効果の差を生みます。

この目に見えない気をというものを一般的に体の歪みと言われる可動範囲の減少している箇所や、体全体に放射することにより体の持つ自然治癒力が発動され、ご自身の修復力で不調が改善されていく方法です。

5分ほど気を受けると痛みや不快感が減ってくるので気のせいかと思われます。

10分ほどたつと、気のせいではなく、やっぱり楽になってきているというような変化が現れます。

15分から20分ほどで、気のせいではなく明らかに変わっているというようになります。

その後、週一回で徐々に回復していきます。

2 10年以上に及ぶ臨床の中で発見をした施術方法です。

人の病気や原因不明の症状は全てと言って良いほど過去の出来事が原因で起きているという答えにたどり着きました。

何故かこの出来事が症状の原因かというと、人の経験と脳が関係しているからです。

脳は肉体のダメージと精神的なダメージを同一視しているために、精神的なダメージを改善すると、それに結びついた肉体的なダメージも修復させる習性があるということが臨床で分かりました。

そのために何年、何十年前に作られたトラウマを強制的に解放すると、体を治す力が蘇り、症状が消えていくのです。

いくつかの実例を用いて説明します。

1 足首を骨折した後の手術の後遺症で上手く歩けなくなってしまった女性の話です。

足首の手術後の傷を触ると痛みがあると同時に、10メートルもあるかないうちに足首に痛みが出てしまう状態でした。

しかし、骨折時の恐怖や傷ついた心を癒すと、手術後の傷跡に触っても痛みがなくなっていて、歩く時の痛みも消えていました。

2 坐骨神経痛で松葉杖をついた40代の男性は故人に対する後悔と自責の念を癒すと松葉づえなしで歩けるようになりました。

3 起立性調節障害という、朝起きられない、頭痛、腹痛、めまい、などで不登校になった子供を改善したことも数えきれません。

4 不安障害、強迫性障害、自律神経失調症、パニック障害も同様に、精神的なダメージを改善すると、体が修復を開始し改善していきます。

子供は必ずと言って良いほど、起立性調節障害になる前に受験、人間関係、いじめ、親との関係性など強いストレスを受けていた時期があります。

パニック障害の方や不安障害、強迫障害と言った精神疾患も同様で、本人が忘れてしまった、麻痺した、気が付けないトラウマを消去すると、その場で動悸や不安感などが消失して、落ち着きや安心を取り戻すという事が当たりまえに起きています。

なぜ、こういう事が起きるかというと、医学的や人はこころとからだを別としますが、実際には骨折をすると心も凹むし、人間関係などでストレスがかかると体に出て気来るのは、こころとからだが表裏一体であるのを証明しています。

また、過去のトラウマを解消すると体調不良が改善していくのは、根本原因が解決された証拠です。

俗に言うトラウマ、PTSD(Post Traumatic Stress Disorder :心的外傷後ストレス障害、適応障害などという言葉があります。

これらは強い精神的ストレスを受けると精神疾患に発症すると言われていますが、実際には違います。

実際は精神疾患だけにとどまらず頭痛、肩こり、腰痛、骨折の後遺症、自律神経失調症、手術後の後遺症による痛みや可動範囲の減少、筋力の弱化、肥満、過食、暴食、暴飲、拒食などありとあらゆる症状が関係している私の臨床で裏付けされています。

どのようにトラウマを癒すかというと私が気功や整体などを勉強し、実践して10年以上トライ&エラーを繰り返して体得した療法です。

似たような施術方法はないとは言いませんが、本人が自覚していない過去の出来事が原因となっている不調でも改善できるのが特徴です。

自覚できていないものが、今現在、本人が悩まれている主訴になっている場合もあるので、より的確に効果を発揮できるのです。

事故や、自分ではどうしようもできなかった過去の出来事や、悲しみ、不安、後悔、怒り、恐れ、憂鬱、憎しみ、寂しさ、自責の念などからネガティブな感情から解放されると、心が平穏と取り戻すと同時に、体が楽になっていきます。

心の負の感情や過去のトラウマから解放された数だけ、こころとからだが不調から解放されて、不調が改善していくのです。

そしてその後の生き方も変わります。

ネガティブな感情に支配されたものの考え方や行動をしなくなり、本来のあなたらしい自然な生き方で生きていけるようになれるのです。

また私が開発した施術方法は体調不良を改善するにとどまりません。

何か人生の重要な選択肢など、あなたが思い悩んでいる事、なかなか決定できないことなどの答えも導き出してくれる方法です。

つまり人生をよりよく幸せに過ごしたい方の役にも立てる画期的な療法なのです。

なぜ人の考え方にも作用するかというと、人が物事に煮詰まる時は思考が停止している状態になります。

思考より感情が優位に立ち冷静に考えられないという状態、面倒くさいことに蓋をしているのと同じです。

この思考より感情が優位になる状態を、思考が正常に働くようにすると、普通に思考が働いて物事を正確に判断するという現象が起こるのです。

現代の科学や医学では到底説明が出来ない方法なのですが、私はこれまで数えきれない程、成功事例を出して再現性もだしています。

一度体験してみれば一見は百文にしかず、あなたもきっと驚かれるはずです。