プロフィール

はじめまして

気功師の上野高寛です。

自律神経気功院の気功師のプロフィール写真

 

ここでは私の自己紹介と、なぜ?私は気功師になったのか、そして当院を開いたのか経緯を説明します。

 はじめに

出身は東京都江戸川区、1977年生まれです。

池袋こころとからだの整体院院長、2011年~現在。

趣味は合気道(三段)とボルダリング3級から4級、以前はキックボクシングも5年以上していました。

これまで接客業や料理人・建築業・IT企業に勤めたりといろいろしました。

その後整体に出会って、3件の整体院を経験した後に池袋で開業して9年以上が経ちました。

習い事や開業して分かったことは、自分は興味が向かないことはできないけど、好きな事はとことんこだわる性格だということです。

こだわりが強くて困ることもありますが、気功や整体の腕前は、お客さんから言われるのはもちろん、自分でも「これぐらい上手かったらゴッドハンドって言ってもいいかも。」と思えるくらい上手になりました。

(整体師になったきっかけは池袋こころとからだの整体院の院長プロフィールをご覧ください)

 

気功師を始めるきっかけになる出来事

思い返してみれば10年以上前から、エネルギーワークやヒーリングと呼ばれる施術方法に縁がありました。

一つ目の整体の学校を卒業して整体師になった後に、さらに勉強したくてカイロプラクティックの学校に通っていた時の事です。

日本でカイロプラクティックを習ったことがあるなら、誰でも聞いたことはある老舗のカイロプラクティックの学校で公にはされず教えられているテクニックがある事を知りました。

そのテクニックは手を触れずに水晶を使って天使や精霊などの力を借りて人と治療するという方法です。

日本で有名なカイロプラクティックの学校が、水晶を使って手を触れずに治療する方法を外部に公開せずに教えているのです。

普通に考えてかなり怪しい話ですが、「50万以上する高額のセミナーを開いて教えているのだから、本当にそういう治療法は存在するんじゃないの?」と思いました。

その後、他にもヒーリングやエネルギーワークと呼ばれる治療法はないものかと調べて、日本で生まれた霊気という療法がある事を知りました。

そしてティーチャーディグリーという霊気を伝授できる資格の一歩手前のサードディグリーという段階まで受けましたが、効果を全く感じずすぐに練習をやめました。

その後もいろいろな他のエネルギーワークも調べて勉強しました。

あるテクニックは細かい方法や概念を省いて一言でいうと【触れるだけで後は委ねる】だけでした。

そのテクニックのやり方はあるにはあるのですが、触れているだけ治療が始まり、そして終わるのです。

このテクニックは臨床でやってみたものの、確かに効果を感じてもらえて、改善はするけど、いまいち施術している実感がわかないのでやらなくなりました。

そのうち、チャクラや引き寄せの法則・その他のエネルギーワークやヒーリングなど色々体験したり学んだりしました。

ボディーワークと言って手を使った手技では結果が出て当たり前、良くなって当然という感じで施術をして成果をあげていたのですが、

エネルギーワークではお客さんの不調が改善したりと効果はありつつも、ハッキリと実感できず釈然としませんでした。

そしてある日、核心となる出来事が起きるのです。

整体をしていたある日に、手の平で身体に触れて、2ミリほど皮膚をずらして、そのまま待っていると、身体のゆがみが整う手技をしていた時の事です。

「あれ?このテクニック、手を動かさなくても同じ効果が出るのでは?」と思ってやってみると、触っているだけで、痛みや辛さが減ったりなくなるという事が起きました。

そして今思うと発想が飛んでいますが、以前手を触れずに施術する方法を目の前で見たことがあるので、真似して手をかざしてみると、うつぶせに寝ていたお客さんが痛くないと言ったのです。

この時は自分でも、起こった出来事に本当に驚き、信じられませんでした。

そこで、頭に浮かんだのか「気功」という言葉だったので、本を読んだり、DVDを見たり、自分で勉強を始めました。

また、テレビに出演してダウンタウンに気を送って吹っ飛ばす気功師にも師事した事もありました。

他には中国政府に正式に認められている、世界医学気功学会で理事をしていた名のある気功師の方に師事しています。

気功ではないですが、ヒーリングやエネルギーワークと言われる治療法を行っている有名な先生にも数年師事していたことがあります。

その後、坐骨神経痛で悩んでいる方に、20分間、2メートル離れたところから気を送って気功を試しました。

すると、気功をする前は、右の腰からお尻ふくらはぎまで全体に痺れと痛みがあったのが、痛みがだんだん取れてきて最後にはお尻にかすかに違和感が残るだけになったのでした。

別のお客さんにも事前の説明は一切なし、暗示効果をなくすために背中をこちらに向けてもらって、こっちで何をしているか見えないようにして気功をすると、やっぱりしびれや痛みが取れたのです。

そして、痛みや痺れ以外にも、不安感 いらいら 不眠 ひどいだるさ めまい 動悸 頭痛 首のコリ 朝起きられないなどいろいろな症状に効果があありました。

これは、本物だ、本当に効果があるんだと分かり、さらに実績を積むために整体を受けに来られたお客さんに許可を得て気功をすると、確実に良くなることが分りました。

これはやってて面白い、楽しい、なおかつ効果がある事を確信して、気功にのめりこみました。

気功の効果でドンドン結果を出したい!癌や難病など治るのが難しい病気を治ってもらいたい!など色々な思いが湧き出てきました。

その後も色々と気功について試行錯誤したところ、

  • カーテンで仕切って相手が見えない状態でも気を送れる
  • 多人数でも一度に気を送って施術が出来る
  • ラインや電話などで相手の存在が認識できれば、遠隔で気功の治療が出来る
  • さらには相手が遠隔で気功の治療を受けていると認識していなくても治療が効果が出る
  • 多人数を遠隔の治療で一度に施術ができる

という事を発見し再現性が出せるようになりました。

嘘のような話ですが、実際に起きた出来事なのです。

私だけではなく、気功を受けた相手も治ったと言っているので、私の気功を受けてみれば誰でも実際に体験できることなのです。

1、2回だけ出来たという事ではなくて、私のお店では毎日当たり前のように起きている出来事なのです。

今後も気功師として何か新しいことが発見できればと思い勉強を続けています。

他にはこのような実験もしています

遠隔の気功治療検証 1

私はライブ配信とテレビ電話で遠隔の気功治療の効果があるのかを実験してみました。

結果は実際に一度も会ったこともなく、どこに住んでいるのか、声を聞いたことも、本名すら知らない相手に気を送って症状を改善できました。

遠隔の気功治療検証 2

さらに実験する条件を厳しくして、こちらは音声のみ、気功を受ける相手はチャットの文字だけという通信環境で行いましたが、気の治療の効果はありました。

そして気功を受ける人数を増やして多人数に同時に気を送っても同様の効果がありました。

遠隔の気功治療検証 3

さらに条件を厳しくして、電話などの通話や通信もせずに、気を受ける相手に日時を知らせて、こちらから気を送るだけでも気の治療の効果がありました。

今までで一番遠い場所はウクライナで試した結果、改善することに成功しています。

 

私の気功は再現性や環境に依存せずに、効果を出せることを証明してきています。

ここまで遠隔の気功治療の効果を条件を段階的に検証している気功師はいないと思います。

あなたがもし、本当に困っていて真剣に治したい不調があるなら、必ずお役に立ちます。