ダメのイメージ画像

お金を払って治療を受けるんだから治って当たり前と思っているあなたが思っているなら大間違いです。

この業界のお店に通っても治らないのが当たり前、良くなったら運が良いと思ってください。

もし何かの不調で何の疑いもなく気功や整体に通ったら、お人よしのあなたは損してしまう事でしょう。

今回はこんな先生のところに通うと、お金も時間も体力もすべて損するだめな先生の特徴を教えます。

1 治療が下手、治せない先生

当たり前のことなのですが、本当に治せないお店は沢山存在しています。

実際に私のお店に来る人は結構の確率で他のお店で治らないから来てみましたという方がいるからです。

これから説明する話につながってくるので、なぜ治せないのを初めに持ってきたか読むとわかります。

2 セルフケアを教えてくれる先生

一見詳しそうで腕のある先生に見えますが逆です。

先生が治す方法が分かっていないから、患者さんに手伝ってもらったり、治してもらおうとしてるだけなのです。

またセルフケアをしてないから治らない良くならないなど言う先生もいるみたいですが、治すのがあなたの仕事でしょ?って話ですよね。

私の10年以上の経験で、治すため良くなるためにセルフケアやストレッチを教えたことはただの一度もありません。

シンプルにいうと先生は治すのが仕事なのに患者さんに仕事を代わりにさせる先生ってどうなの?という話。

3 日常生活のアドバイスをしてくれる先生

ストレッチやセルフケアの方法を教えてくれたり、食生活、睡眠時間などの生活習慣を細かくアドバイスしてくれる先生もプロフェッショナルに思うかもしれませんが違います。

そして挙句治らないのは先生から教わってセルフケアなどをやらないからだとダメだしする先生もいます。

白衣を着て専門家がいうのだから本当の事だと信じてしまい自分を責めてしまう人もいます。

そんなめんどくさい事をいちいち患者さんにさせなくても、治療が上手なら何もしなくてもただ治療を受けるだけで順調に良くなります。

4 考え方や人間性について説教する先生

病気が治らないのは考え方が悪いから、頑固だからなど人間性や考え方を否定する治療家がいます。

自分の腕がないから、無意識のうちに責任転換して相手のせいにしてるのかなっと思っています。

後軽くしか触れませんが、霊が~とかスピリチュアル系の先生はろくな話を聞きません、確実にめちゃくちゃよくしてくれて、すぐ卒業させてくれる先生以外は、頭おかしいと思って大丈夫です。

腕のある先生のところに治療計画に基づいて、ちゃんと通えば順調に良くなります。

5 治らないのを職業のせいにする先生

本当にいるのです。

○○さんの症状はデスクワークだから、職業柄どうしても症状が出やすい、治りにくいのは、あなたのライフスタイルのせいだという先生が。

デスクワークだから肉体労働だからというのは全くのでたらめです。

すぐ考えたらわかるのですが、同じ職場で同じ症状の人っています?同じ職業なら皆そうなるのですか?あなたのその症状はいつからですか?など、つっこみどろこ満載なのです。

あげくのはてにライフスタイルを変えない事には、この症状は治らない、上手く付き合っていくしかない、二週間に一回通ってメンテナンスしてくださいなど適当な事をいってリピートさせる治療家と呼べない人たちがいるのです。

仕事やライフスタイルのせいにする先生は腕がないばかりか、ろくに知識も技術もない先生なので通ったらダメ。

症状を治せないダメな先生まとめ

ろくな技術も知識もない、自分の腕のなさを患者さんのせいにしてる先生は確実に50%以上はいると思います。

今回はダメな先生の特徴をお話ししました。

じゃあどんな先生が良い先生なのかというと、簡単に教えます。

発症から何年たっていても、どれだけ症状が深刻でも三回以内に確実に通う前よりかは良くなったと実感させてくれる先生が良い先生です。

また別のブログでお伝えします。

お楽しみに!