今回は非常に腹が立っているのと許せないのと、感じたこと思ったことをそのまま書きたいので言葉が汚いままにしておきます。

読んで気分が良くなくなっても悪しからず。

女性から電話があり相談されました。

内容があまりにもふざけすぎていてムカついたので、こういう気功師に騙されないでほしいので書きます。

親御さんが脳梗塞になってしまって、何とか遠隔気功で良くしてもらえないかという話でした。

当院に連絡をする前に、何件か他の気功を調べたそうで、その中で脳梗塞の遠隔気功をしてもらえるお店で言われたことを教えてくれました。

親御さんの状態を伝えると、お父さんが治るか治らないか分からないけど、あなたの親への感謝の気持ちの表れとして、遠隔気功をやった方が良いと言ったそうです。

しかも毎月10万円だそうです。

この気功師ふざけてます。

治るか治らないか分からないけど、遠隔をやった方が良い?じゃあ何のためにやるんだよって話ですよ。

治らないならやる意味ないでしょ。

治らなかったらお金払った方は払う分だけ損だし、親御さんは改善しない、得するのはこの無責任な気功師だけです。

良くのうのうとこういう図々しい事を、言い放てるなと、心底バカなんでしょう。

他には、継続して遠隔気功をやらないと元に戻るからやり続けなさいとも言われたそうです。

治るか治らないか分からないのに、戻るから遠隔気功を受け続けなさいというのは、ただ単にその自称気功師にお布施を払い続けるだけです。

これまでの親への感謝の気持ちなどと、一見良い言葉を言ってる通うように聞こえますけど、ようはこの自称気功師に払うお布施です。

この話をしてくれた女性のお客さんも、言葉こそこんな言い方はしませんでしたけど、何かおかしいなとおもってこの脳梗塞専門と宣伝している気功師に頼むのをやめたそうです。

でも、困っていて正常な判断が出来ない人は、頼んでしまう人もいるのでしょう。

気功にかこつけて困っている人から金巻き上げるクズに払うなら、比べるのも失礼ですが神社に奉納した方がよっぽど良いです。

ホームページに厚生労働大臣認可と目立つところに載せてありますけど、何かの国家資格を持っている事を言っているわけで、気功の事を指しているわけではありません。

さも厚生労働省大臣が気功を認可しているような看板の見せ方をしているのです。

 

実績と書いてあって、大学病院など書いてあるけど、そこにいる人に遠隔気功をしただけで結果がどうなったのかもわかりません。

しかもホームページを見てみるとお客様の声も直筆でもないので、本当にお客さんが感想を書いているのかもわかりません。

また教員や社会的地位の高い職業と書いた感想を並べてるところをみると、こいつ商売だけは上手いのが分かります。

権威的な職業は社会的信用度も増すので、そういう職業を載せた方が集客に繋がるのです。

楽をして金を稼ぐことを覚えてしまった愚か物のなれの果てです。

爺さんになってまでこんなことしてるなんて本当にみっともないです。

僕はこういうお金の稼ぎ方をしたお金で息子と外食に行って、美味しいと言われても、自分を恥じたとて、素直に喜べる心は全く持っていません。

困っている人の足元を見て、ふざけた金のもらい方をするような奴はゴミ、法に触れないからと言ってやってることは詐欺師と同じ。

詐欺師の方が寄っぽと人騙すのに頭使ってるって話です。

今回この話をお客さんから聞くまで、こんな店があるなんて知らなかったけど。

くれぐれもこういう金の稼ぎ方だけうまくて、人の心を踏みにじるような偽物の詐欺じみた偽気功師に騙されないでほしいです。