気功で自律神経を整える、気功による自律神経失調症の治療と改善の効果

気功で自律神経を整えて自律神経失調症の治療と改善の効果についてのブログです。

 

 

気功で自律神経を整えて自律神経失調症を改善できるのか?と言うブログです。

 

 

気功は自律神経に効果があるのか?自律神経を改善できるのか?というと出来ます。

 

理由は気功を受けるとこのような症状が改善できます。

 

頭痛、めまい、首こり、肩こり、背中のなど全身の筋肉のコリ、腰痛、手や足の痺れ、便秘、下痢、だるさ、気分の落ち込みなどです。

 

ほかにも気功で改善できる症状を上げたらきりがありません。

 

これらの症状は疲れが溜まったり、体調を崩した方がなる症状でもありますし、自律神経が乱れた方が感じやすい症状です。

 

また自律神経失調症の方がよく訴える症状でもあります。以上の事から、気功は自律神経に効果があるのか?自律神経を改善できるのか?というと出来るという事になります。

 

ほかには気功の効果で知られていないことがありますが、その効果は姿勢が良くなるのです。

 

姿勢が悪いというのは、姿勢に気をつけなさいとか姿勢を良くしないさいと注意したり注意されたりします。

 

しかし姿勢は体が歪んでいるから、猫背だったり、首が前に出たりと姿勢が悪くいので、本人の意志とは全く関係ないのです。

 

だからいくら姿勢を良くしろと注意したり、姿勢を良くしようと意識しても、言われた時だけ、自分で姿勢を良くしようと意識した時だけ姿勢が良いけど、気が付くとまた姿勢が悪くなって猫背になるのです。

 

じゃあ何をどうしたら姿勢が良くなるのと言う話を説明します。

 

姿勢が悪い人は筋肉の量が十分にはあっても身体を支える筋力が上手く発揮できていません。

200キロ出せる車が何かしらの原因で100キロしかスピードが出せなくなっている状態と似ています。

 

だから車を整備して200キロ出せるようにするのと同じように身体を支えられる程に筋力を発揮できる状態に整えれば確実に絶対姿勢が良くなります。

 

 

気功を受けると弱化した筋力が、元の筋力に戻るので姿勢が良くなります。

 

そして実は自律神経と姿勢の悪さは、密接に関係しています。

 

どのように関係しているかと言うと、姿勢が悪いという事は、体中に血液とともに栄養と酸素を送る道路の役目をしている動脈つまり血管が圧迫されます。

 

そうすると血行不良になり、体中に血液を通して酸素と栄養が行き渡らないので、身体の働きが落ちます。

 

身体の働きとは身体を支える筋肉や骨だけではなく、自律神経と深く関係している心臓、胃や腸、腎臓、肝臓、膵臓などの内臓です。

 

内臓の働きが悪くなると疲れがとれにくくなったりします。肝臓。

栄養の消化吸収が悪くなります。胃腸。

酸素も取り入れにくくなります。肺。

他にも色々内臓は健康を維持するのに大切な働きをしています。

 

そして自律神経事態も働きが悪くなると精神的な症状も出てきます。

うつっぽくなる

やる気が出ない

気持ちに体が追い付かないなどです。

 

 

段々疲れがとれなくなってきて、朝起きられない、そして自律神経失調症になって休職から退職してします。

 

話を元に戻すと気功の臨床では自律神経を気功で整えることはできます。

 

見た目にも自律神経と深くかかわっている姿勢が良くなる事からも証明できます。

 

気功で自律神経を整えようとするのは、整体などに行ってどうしても駄目だった時に藁をも掴む気持ちで行くくらいで良いと思いますよ。

 

具合が悪くなると気持ちも弱ってしまって、宗教とか怪しいビジネスや治療法に引っかかりやすくなっちゃいますから。

 

ぶっちゃけ私は整体師でもありますので、正直にハッキリ明言しますが、自律神経失調症などで自律神経を整えたいなら気功より整体の方が治るの早いです笑

 

 

 

気功で自律神経を整えて自律神経失調症を改善できるのか?と言う話でしたが、気功で自律神経は整えられるけど、気功より整体の方が早い!!て話のブログでした。

 


気功に関してご質問のある方は、下記の「友だち追加」のボタンをクリックし、自律神経気功院のLINEにお送りください。

院長の上野高寛が、個別に返信させていただきます。