こころにからだがついてこないとお悩みで改善策を探しているあなたへ

  • いつのころからか、やる気が出ない、
  • この先もずっと治らないのか不安
  • やろうと思っても行動に移せない
  • 部屋の片づけや、掃除等必要最低限の事しかやれていない
  • できれば今の生活を変えたい、抜け出したい

 

 

このような方の為にピンポイントで記事を書きました。

必ず役に立つ内容が用意してあります。

 

年のせいなのか、生活の乱れなのか、原因はわからないけど、とにかく、やる気が起きなかったり、きもちにからだがついていかないと悩んでいる方がいます。

 

でも、もうだいじょうぶです、このような不調にも原因と解決方法が、しっかりあるので今から説明していきます。

 

1 なぜ、こころとからだがついていかなくなったのか

結論から言うと気持ちに体がついてこなくなったのはストレスを受けて自律神経が乱れているからです。

ストレスは以下の種類があります。

 

  • 精神的ストレス 人間関係 死別 失恋 借金 将来の不安・希望など
  • 肉体的ストレス 仕事 家事 育児 運動 睡眠 疲れ 怪我 病気など
  • 化学的ストレス 電磁波 アルコール タバコ 薬 排気ガス 添加物・保存料
  • 環境的ストレス 気温 雨 日光 風 台風 気圧など

 

ストレスを受け続けてしまうと自律神経が乱れてしまいます。

自律神経は気分の浮き沈みにも深く関係しているので、気分が悶々としたり、やる気が出なったり、おっくうになったりします。

 

また体もだるく感じる、疲れが取れなくなる、疲れやすくなります。

 

気持ちに体がついてこなくなると同時に体も疲れ果てているし回復できない状態になっています。

これが気持ちに体がついてこなくなる本当の根本原因です。

 

年のせい

生きているだけでストレスを受け続けてしまうので心に体がついてこなくなります

 

私生活が原因

運動不足や寝不足、暴飲暴食など食生活の乱れ

 

古傷

ほとんどの方に知られていませんが、捻挫や、骨折、むち打ちなどの打撲など、とうの昔で忘れてしまっている古傷も原因になります。

 

 

 

2 どうしたら、こころとからだがついてこない状態を解決できるのか

 

病院でお医者さんに診てもらう場合

不定愁訴と言って自覚はないけど本人はつらいと感じている症状なので、治療法はありません。

 

お医者さんがしてくれるアドバイスは規則正しい生活と軽い運動、健康的な食生活をしてくださいというのが定石です。

 

場合によっては気持ちの問題と言われて心療内科を紹介されて、心のお薬を出されてしまう事もあります。

 

自分で治す場合

早寝早起きして、ジムに最低でも週一回に行き運動不足を解消して、食べ物も気を付けることで改善できる場合があります。

 

しかしやる気が出ない、気持ちに体がついていかない状態で、自分で何とかしようにもできないはずです。

 

自分で何とかしようとするのは負荷がかかってしまうので失敗したことを考えると得策とは言えません。

 

 

そのほかの方法

自分でやる気がなくて思うように身体がついてこないという場合は、プロに任せてしまうのが一番確実な近道で、肉体的にも精神的にも負担が少ない改善方法だと思います。

 

私は気功をお勧めします。

なぜなら、気功には自律神経を整える働きがあるからです。

もし、気功に馴染みがなく怪しいという場合は、整体院も併設しているので、池袋こころとからだの整体院のホームページをご参照ください。

 

私自身が自律神経失調症や、倦怠感、寝つきの悪さ(30分以上)、朝起きられない、疲れが取れない、いつもだるいなどの不調の改善に、絶対の自信があるからです。

 

肩こりや首コリは二回でかなり忘れるほど楽になることもざらです。

 

他の動悸、呼吸があさい、息苦しなどの不調も気功で改善してきた実績があるので、自信を持って、不調の改善策として気功をおすすめすることが出来るのです。

 

本当に困っていて真剣に治したいという方は、ぜひご連絡ください、必ずお役に立ちます。

 

私がお約束します。


気功に関してご質問のある方は、下記の「友だち追加」のボタンをクリックし、自律神経気功院のLINEにお送りください。

院長の上野高寛が、個別に返信させていただきます。