気功の治療が出来るようになる7つの稽古方法

 

気功の治療が上達する8つの方法

についての気功ブログです。

気功を習った人やこれから気功を習う人は、どうしたら気功が上手になれるかな?今より上手くなれるかと考えていることでしょう。

 

ここでは自分が気功で治療するまでにかかった10年分のエッセンスを紹介します。

 

今では自分の気功を受けた方が、必ず身体によい変化を感じてくれるまで気の効果を出せるようになりました。

 

また5人以上の人数に対して、同時に気功で治療できるようにもなりました。

 

遠隔の気功ももちろんです、多人数を一度に遠隔で気功することもできます。

 

自分一人でアレコレ考えて回り道するよりも、出来る人が通った道を素直に進んだ方が物事を覚える近道になると思いますので、ご参考になれば。

 

その1 まず気を感じられるようになりましょう  気を感じる方法

手のひらを擦り合せて、手のひらの表面が温かくなった感覚、それが気だという人がいますが、私は違うと思います。

手のひらをすり合わせた時に感じているのは、摩擦熱や皮膚がこすれる感覚や、こすれた後の余韻です。

 

この手をすり合わせた後と同じような感覚が気を出した時に感じるのです。

 

すり合わせたら気が出ているというのは、似て非なるものではないでしょうか。

 

また、すり合わせて温まった手のひら同士を30センチほど離して、ろくろを回すように手のひら同士を向き合わせて、あったかい、ピリピリする、静電気のように感じる感覚を、気が出ている状態だという人もいます。

 

まずは気そのもの自体を感じられないと、それがどう変わったのか確かめようもないので、まずは気を感じられるようになりましょう。

 

その2 一番初歩のわかりやすい気の感じ方 気をさらに感じる方法

どうしたら気を感じられるの? 手の平と手のひらを擦り合せて摩擦熱で温かくして、ピリピリさせましょう それが気です!!!

と思ってみてください。

 

ここでは、「気ってこういうものなの?、わけわかんないけど、まあ納得しとくか」って感じではっきり自覚できなくても良いです。

 

なんとなくこんなものなのかな?っていう程度の認識で大丈夫です。

 

分らなくてもよいです。 やってるうちにわかるようになります。

 

目に見えないものをはじめから上手に感じなさいという方が難しい。

 

 

その3 気を感じる感覚を磨きましょう 気功が上達するコツ

手のひらで感じている気を、何となく何となくで良いです、気ってこういう感覚なの?と思えるようになったら、

 

次の段階は回数をこなしたり時間をかけて、今手のひらで感じている、気の感覚をもっと上手に感じられるようになりましょう。

 

気を感じにくい場合は、気が出ているイメージを何か別のものに置き換えると感じやすくなります。

 

手のひらから出した気が湯気のように立ち上るイメージ、手のひらから大量の水がわき出るイメージ、チリチリ、ピリピリなど静電気を帯びているイメージなど何かが手から出ていることをイメージすることが大事です。

 

上達するには反復練習が必要です。一回で来たと思っても積み重ねると深みや質が変わる事なんて、物事を習う時、学ぶときに当たり前の様に起こる現象です。

 

数日間、数週間と気長に地道に焦らずに稽古しましょう。

 

 

 

その4 気を遠くまで送ってみましょう 気功で治療するための練習方法

気が手のひらから出ているなど、気を感じることが出来たら、今度は自分が出す気の届く距離を遠くしていきましょう。

出ていなくても出ていると想像イメージが大切です。

 

なぜならイメージしないことは人間にはできないからです。

 

たとえば、気が付いたら思ってもいない場所にいきなりいたり、気が付いたり食べ物を食べてたりしたら、あえてこう言いますが、やばい人じゃないですか?

 

というわけで意識して想像することが大切です。

 

部屋の中なら壁に向かって気を送って、壁に気が届いている感覚や、外なら5メートルなど空間まで気が出ているイメージしたりします。

 

自分が出している気が自分が意識したところまで、届いているイメージを持ちます。

 

 

その5 気を出している感覚を全身で掴みましょう 気功治療の効果を高める方法

手のひらで気を出している感覚を掴めたら、今度は指先から肩までの範囲から気をだしている感覚や、

 

胴体の全面から気を出す感覚など、自分の身体の思った場所から、上手に気を出している感覚を掴みましょう。

 

最後は全身から上下左右、四方八方、放射状に気を出せている感覚を掴みましょう。

 

 

その6 本当に気功の治療が出来ているか確かめる方法

気功がどれほど上達したかを確かめる方法は、自分が健康になったとか、気を遠くまで送れるようになったなどは、自己採点、自己満足になってしまいます。

 

そこでぜひ、最低3メートル離れた距離から他人に気を送って効果を実感してもらえるか試してみてください。

 

最低5分、多くて20分も相手に気を送り続ければ、もしあなたが気を送れていれば、何かしらの変化は出るはずです。

 

そして何人も何回も、長い目で長期間、気功の治療をやり続ければ、臨床実績が溜まっていき、過去に治せなかった症状や、回数がかかった症状が少ない回数で治ったり、良くなったりするはずです。

 

その時初めてあなたは自分の気功が上達できたかを実感できるようになります。

 

気功上達の秘訣、これ即ち即実践です。

 

その7 本格的な気功の鍛錬方法

 

もしあなたがここまで書いたことを実践して、気功の治療が出来るようになっていたら、努力家であり才能もあるかもしれません。

 

さらに気功の高みを目指すなら丹田について、自分で調べて会得してください。

 

もし気を出せている感覚と同じように丹田を意識することが出来るようになれば、その時に劇的に気功の効果が上がります。

 

 

その7 まとめ

この記事、見直して書き加えていたところ、遠隔の気功の治療法も書いていたのですが、気が付きました。

 

遠隔の気功のやり方って、遠隔の気功が出来る気功師以外は知らないのでは?と。

 

なぜなら、遠隔の気功の治療を受けている人も、距離が離れているから見れないからです。

 

そこで書くのをやめました。

 

そして、多人数を一度に気功で治療する方法も載せていましたが削除しました。

 

何でも手取り足取り親切すぎるのも良くないかなと思って。

 

でもここに書いてある事は私が気功で治療が出来るようになった足跡なので、たどっていけば気功の治療が出来るようにきっとなります。

 

ご参考になれば幸いです。

 

 

 

 


気功に関してご質問のある方は、下記の「友だち追加」のボタンをクリックし、自律神経気功院のLINEにお送りください。

院長の上野高寛が、個別に返信させていただきます。