先日夜に月額制の遠隔の氣功をしていた時の話

夜の10時過ぎに皆さんに一斉に遠隔の氣功治療をしていました。

わたしはいつも通り気を送っていたのですが、あとになって感想を頂くことがあり、その中で珍しいことが起こりました。

遠隔の気の治療に加入されている方が、遠隔で氣功治療を受けていた時の話です。

たまたま遠隔の氣功治療とご友人と二人で外食をされる時間が重なったそうで、お食事をしながら気の治療を受けていると、身体があったかくなってきたので、いつも通り気を送ってもらえているのが分ったそうです。

気を送ってもらえるのを感じながら談笑していると、正面に座っていたお友達が、「あれ?あなたから何かビリビリしてくるよ、なんで?」というように不思議がり始めたそうです。

そこで遠隔の気の治療に加入されている方が、「今、遠隔で気を送ってもらっているから、その気が伝わってビリビリするのかもよ」という話になったそうです。

そしてちょっと手を握らせてと言われ握らせると「やっぱりビリビリしてる!」と驚かれたそうです。

結果は遠隔の氣功を直接受けてないのに、肌がつるつるになったと喜んでいたそうです。

正面に座っている人から気が出ているのが、分かるほど気感が高いという事です。

遠隔でも対面でも気を送られているのが分かる、気を感じる力が強い、つまり気感の高い方は結構います。

しかし、送られている気を感じ取れる方はそうそういないので、相当気感の高い方だと思います。気の治療を習えば、良い氣功師になれるはずです。

そのご友人は身をもって気を感じられたので、結局、どこの治療院か教えてほしいぜひ会ってみたいという事で紹介してくれました。

私も以前ならこれほど強い気を出すことはできませんでしたが、好きな事を続けているだけあって、不思議な事が起こるほど気を上達できて嬉しい出来事でした。

将来スマホの基地局のように遠隔の氣功治療を受けた方の広範囲に気が広がるようになったら、同じ家にいる家族も間接的に気の遠隔治療ができて楽しいと思います。