気功は危険? 気功の偏差

危険のイメージ画像

 

気功は危ないというと、気功を受けると何か身体に悪い事が起こるという意味だと、素人は思うだろうけど、今回は違うお話です。

 

今回は偏差と言って気功をするうえで、気がおかしくなって起こる心身の不調のお話をします。

 

気功で治療をするようになって、体調がおかしくなることが、たびたびあった。

 

その都度、信頼しているところに行って施術を受けて体調の不良を改善してきた。

 

偏差が分からない頃は、忙しすぎて疲れがたまったのかな?とか、季節の変わり目のせい?寝不足など生活習慣の乱れのせい?エーペック4時間とかやってるから目の疲れが原因?とか軽くとらえていた。

 

でもこの原因不明の体調不良の原因は偏差だという事が判明した。

 

どんな症状が起きたかというと、頭がぼーっとしてなんだが夢の中にいるような感覚になる。

 

完全に頭が働かない、寝ても疲れが取れない、身体が重だるい、肩や首がこる、やる気が出ないなどの不調である。

 

まるで自律神経失調症のような症状に襲われてしまった。

 

慌てて信頼している気功師のおばあさんのところに行っていつものように、色々教えてもらった。

 

要約すると、一般的に言われていることは、そこら辺の一般的な気功師が言うのは、悪い気をもらうから具合が悪くなるというけど、さすが私のリスペクトしている90近い気功師のおばあさんは違う。

 

「あなたは物凄く人を治しているから、それだけ力を使っているの、出しているのよ、だから自分にも気を取り込まないと、空っぽになってるのよ」とのこと。

 

じゃあ取り入れるって何?と思ったけど、自然や空気から良い気を取り入れるのが必要という事だ。

 

とりあえず、その日はおばあさんの治療を受けて、何とか回復してかろうじて元気になった。

 

で!今日の話、整体と気功を希望するお客さんがいるから、整体をしてみたら疲れない。

 

気功のお客さんを続けて二人してみたら、きた!!頭がぼーっとして熱を持った感じになる、気のせいではなかった、これがかの有名の偏差で起こる体の不調か、、、疑惑が確信に変わった瞬間である。

 

で、インターネット(笑)で調べてみたら、偏差の事が載っていたのであるそして偏差の改善方法ものっていた。

 

薄っぺらい情報しか載っていない、インターネットでも役に立つことはあるものだ。

 

で、偏差にならない方法は修功をすること、ようは気を使ったら気を使う前のいつもの自然体に戻るための儀式をせよという事らしい。

 

水道を使ったら蛇口を閉めるとか、開けたら閉める、使ったら片付けるのと同じことですね。

 

てなかんじで、偏差にかかったらどうしたらよいかというと、私の場合は全身をほこりを払うように手で払う。

 

もしくはもう一つあるけど、字にしにくいので書きません、もったいぶってるとか、ただでは教えたくないとかでないです。

 

まあでも、逆に言えば偏差とは気功が出来ているからこそ、起こる不調なのでうれしい事だ。

 

偏差にかかって初めて一丁前の気功師であるとも言えなくないですか?(笑)

 

気功で具合が悪くなるとか危ないとか、そんなわけないでしょ、人を治せる能力なんだから体に悪いわけがない、無害でしょなんて思っていたのですが、本当に気功も危ない一面があるんだなって身をもって知ることが出来ました。

 

あと気は目に見えないし、そんな大層なものでもないから、気功をやり続けても何も損もしてないし、失うものも、消費もしていないと都合よく思っていたがそれも間違いでした。

 

やはり、陰と陽とおなじで、何か得れば何か失っているという原則というか法則があてはまるということです。

 

なんか偏差にかからない方法とか、偏差改善方法とか調べると、 気功を学ぶ際は独学ではなく、ちゃんとした気功の師匠の下で気功を学ぶこととかあるけど、そんなかしこまる事でもないじゃん?と思ってしまうのは、私の気功の知識がまだ浅いからだろう。

 

やっぱり偏差とか解決できたから良いけど、解決できずに具合が悪い人もいるだろうから、気功はちゃんとした師匠について学んだ方が良いのかもしれませんね。

 


気功に関してご質問のある方は、下記の「友だち追加」のボタンをクリックし、自律神経気功院のLINEにお送りください。

院長の上野高寛が、個別に返信させていただきます。