気功を習いたくて、気功体操をしている方がいると思いますが、気功体操の効果を劇的に上げる方法があります。

(気功体操と書きますが、動功とも呼ばれています。)

ただ吸って吐いての呼吸を意識して気功体操をしているのでは、気功体操の本当の効果を引き出すことはできていません。

気功体操の本当の効果を引き出すには、意功といって気功体操をする際のイメージや意識がとても大切になります。

どのようなイメージがあるかというと、気功にはタントウコウという稽古法があり、タントウコウの中にもさらに複数の種類がありまして、ある種のタントウコウをする時は、仏像や仏塔を手に載せているイメージや、時には自分自身を手の内に収めている意識を持つときもあります。

このように動功=気功体操は呼吸をするだけではなく、動功の種類によってどんなものをどのように意識するかも決まっているのです。

この辺りを知らずに勝手に動功を編み出しては、人に教えたりしている気功の先生もいますので、気功を教わる際は伝統的な気功を教わることも気功の効果を上げるために必要です。

またタントウコウをする時に、手の平を開いた時の指の開き具合や、両腕を開いた腕の位置が重要になってきます。

手を開いた時の指の開き具合なら数ミリ、腕の位置なら数センチ単位で調整すると、手からより多くの気を感じることが出来ます。

腕の位置を数センチずらしただけで、丹田によりハッキリ気を感じることもできるようになり、手や身体に流れる気の感覚が段違いに感じられます。

この辺りのコツや決まりを知らずに気功の体操をしても、効果が薄いというか気が流れないので、いつまでたっても気の流れる感覚がわかならいので、気を感じることを気感というのですが気感も上がりません。

つまり気功の練習になっていないので気功も上達しない、気も通らず健康にならないという事なのです。

これらを踏まえると、気功体操の効果を劇的に上げる方法は、伝統的な気功を知っている先生に習うのが一番、気功の効果を上げる方法です。

また伝統的な気功ではない場合は、難病を治したり、数分の内に痛み不快感を気で治療できる気を持っている先生に師事する事です。

気を知っている扱える、そして能力の高い先生なら、伝統の気功を知らなくても良いかもしれません。

しかし何事も基本が大事なので、やはり伝統的な気功を少しは知っている先生に教えてもらうのが良いと思います。

自分で出来る方法はないのかと疑問に思われる方もいるでしょう。

もし、あなたが気を感じられたり、どこに手の位置をもっていき、どのような意識を持つと気感が高まるか、気をより多く感じられるかなど自覚できるレベルなら、独学でも磨いていってもよいと思います。

でもそこまで気を知っていたり、センスがある人はなかなかいないので、良い先生に師事して基本をマスターしてから、自分で磨いていくのが良いでしょう。