気功と催眠術のハッキリわかる違いについて

 

気功と催眠術の違い

結論から言うと気功は催眠術ではないかと考える方もいますが、気功と催眠術は同じではありません。

 

何が違うかというと催眠術は話術で催眠術をかけて相手を催眠状態にします。

 

私の気功は言葉や会話をしなくても、気を送るだけで、身体に変化が起こります。

 

催眠術は会話が必要で気功は会話が必要ないという違いがある事が分かったと思います。

 

 

私は催眠術が出来ないので推測でしかありませんが、催眠術でも肩こりが楽に感じさせたり、腰痛を感じさせなくすることはできるかもしれませんが方法が気功と催眠では異なります。

 

もし、催眠術と気功を同じものだとするならば、西洋医学の医師はヘルニアが原因とされる足のしびれや痛みをブロック注射という痛み止めで痛みを麻痺させる治療法があります。

 

整体やカイロプラクティックなどの徒手療法で、ヘルニアによる足の痛みやしびれを改善する場合は理論も方法も違います。

 

気功と催眠術を同じという人は、西洋医学の医師が治療法と、整体やカイロプラクティックが同じと言っているような印象を受けてしまいます。

 

結果的には同じでも効果や方法は異なりますし、同じ痛みが消失する現象でも、体の中で起こっている変化は全く異なります。

 

 

ただし、気功が催眠と同じではという意見や疑問に対して大事なことが一点あります。以下の文章で説明します。

 

偽の自称気功師が暗示や催眠をしている場合がある

気功と偽って催眠を行っている人達や気功と勘違いして催眠を行っている人達、つまり本物ではなく偽物の気功師です。

 

今から話すことは実際に被害にあわれた方から教えてもらった実話です。

 

遠隔の気功で治療しているという自称気功師に問い合わせたところ「7回で治ります」と自信たっぷりに言われたので、先に7回分のお金を払ったそうです。

 

そして5回目の気功の治療までは順調に進んでいると言っていたのに7回目が終わって効果が全くないと自称遠隔治療の気功師に伝えると、「あなたの職場での悩みを解決されない限り、その症状は治らない」と言われたそうです。

 

ひどい話だと思いますが、この話は自称気功師というかほとんど詐欺師の言った、「7回で治る」という暗示や錯覚を起こす言葉を信じてしまった結果騙されてしまったのです。

 

この場合は気功が催眠と同じと言われてしまっても仕方がないのではないでしょうか。

 

また、よくありがちな話が自然に治ったのに、気功に限らず、整体やカイロプラクティックや鍼治療などの治療院に通ったおかげで症状が改善したと思い込んでいるパターンです。

 

「あそこの先生のおかげで治った、腕は確か」というけれど、よくよく話を聞いてみると治るまでに半年一年かかったという話でした。

 

1か月2か月で通うたびに改善するのならわかりますが、半年かかって治ったのならケガや病気を治す自然治癒力で、何もせずに放っといても勝手に治ったといってもよいでしょう。

 

この方の場合は半年も通い続けたから、治療のおかげで少しづつ良くなったという思い込みや錯覚です。

 

事実、私の気功を受けた方々は、ほとんどの不調が治るまでに半年など長くかからず、どんなに長くても3か月以内で卒業します。

 

 

まとめ

私の実績を踏まえた見解では、

 

  • 気功と催眠は似て非なる全くの別物
  • 気功と偽って詐欺のような事をしている自称気功師はいる

 

という結論に至りました。

 

くれぐれも自称気功師には引っかからないようにお気を付けください。


気功に関してご質問のある方は、下記の「友だち追加」のボタンをクリックし、自律神経気功院のLINEにお送りください。

院長の上野高寛が、個別に返信させていただきます。