上手い下手のイメージ画像

  • 本物の気功師や、気功の達人を探している
  • 下手な気功師に習いたくない、上手い気功師に習いたい
  • 上手な気功師はどんな気功しなのか教えてほしい
  • 上手い気功師に自分の病気を治してもらい

という方がいるので、一般の気功師と本物の達人の気功師との違いを比較しました。

1 気感

一般の気功師

気感が低い

上手い気功師

気感高い

気感と言い気功にもセンスの良しあしや感覚の良い人悪い人がいます。気感は生まれながらに決まっているともいわれていて、気功が上手い人は気感が高い方が多いです。

早熟型や晩成型もありますが、気感が高くても練習しなければ才能は開花しません。

あなたも隠れた気功の才能があるかもしれません。

2 気功の知識

一般の気功師

何となくの知識しかもっていない

上手い気功師

幅広い知識を持っている

一般の気功師は、何となく感覚で行っていたり、良く分からずに気功を行っています。

上手い気功師は知識も豊富で人に教えることができるほど気功に関する知識も備えています。

3 気の出し方

一般の気功師

手から気を出す

上手い気功師

身体全体を使って気を出している

気で治療をする際に手から気を出す気功師が一般的です。身体全体を使って気を出している気功師はあまりいません。

全身を使って気を出すことによってより良い気を出すことができる事を、気を分かっている気功師は知っています。

4 気の送り方

一般の気功師

手から気をだすだけ

上手い気功師

気を自在に操れる

一般的に気功で治療している気功師は、シンプルに相手に気を送って施術します。上手い気功師は気を自在に操って相手の気が滞っている箇所など感じて、より細かく気の調整をすることが出来ます。

5 気功治療の方法

一般の気功師

相手に触れて気を送る

上手い気功師

相手に触れても触れなくて気の治療ができる

一般の気功師は相手の体に触れた状態で気をおくります。上手い気功師は触らなくても相手に気を送ることが出来ます。

6 自分を気で治療できる

一般の気功師

自分自身を気功で治せない

上手い気功師

自分自身を気功で治せる

下手な気功師は気功の型や気功の体操法で、自分を整える程度でしょう。上手い気功師は他人を治療するように自分を気功で治せます。

7 治療の上手さ

一般の気功師

気休め程度は治せる

上手い気功師

難病や奇病、重症でも治せる

気功の上達度合いによって、相手の身体に与える気功の効果も変わります。気功が上手ければうまいほど難しい病気や珍しい病気を改善に導けるという事です。

8 一度に気を送れる人数

一般の気功師

一対一の気功

上手い気功師

多人数を同時に気功が出来る

基本的な事しか知らない気功師は、気功の治療や気を送る時は一人にしか送れないと思っていますが、上達して色々なことが分かってくると、一度に複数の相手に気功で治療が出来たり、気を送ることが出来ます。

9 気功で治療できる距離範囲

一般の気功師

目の前にいる人しか気功の治療ができない

上手い気功師

遠隔の気功治療が出来る

一般の気功師は対面で触れて気を送る気功の治療法ですが、熟練した気功師は離れていても、相手の気を感じながら気を調整できるので、気の治療において距離は関係ありません。

上手い気功師と下手な気功師の違いまとめ

上手い気功師と下手な気功師の違いを説明しました。

決定的に上手い気功師と下手な気功師の違いは、気の性質や気の扱い方、気の出し方、気の感じ方などが分かっているか分かっていないかだと思います。

そして気の事をより分かっている方が気功で色々なことが出来て、より高い効果が出せるという事です。