気功は手技を超えるのか?

手技のイメージ画像

自分でいうのもなんだが、整体院を経営して10年が経過しようとしている。

 

難病や、20年以上続く腰痛や、肩こり、原因不明の症状を数回の施術で、再発しないレベルまで改善させた実績は、本当に数えきれない。

自分でもゴッドハンドというくらい、腕に自信を持って整体をしている。

 

だからこそ、気功のように目に見えない力でおこなう施術は、手技には勝てないのではと疑問に思っていたことがあった。

 

しかし、気功が上手くなってきたり、新たな発見を繰り返すと、手技以上のことが起こせるようになることが分かってきた。

 

これが、整体の腕がいまいちで、気功がすごいと妄信的にのめり込むのとはわけが違って、整体で実績を積んだ自分でも、気の力には驚かされる。

 

たとえば、自傷癖や過食も治まるというのだから整体では無理な話だ。

仮に今の自分の整体の腕が未熟ならなんとも恥ずかしい話だが、整体で過食が治るなんて聞いたことがない。

 

また、物心ついたころから、気が付くと嫌な事を考えて混んでしまっていたが、考え込まなくなって精神的ストレスがへった、要は生きやすくなったという事もある。

 

さらには、整体で施術した後に、痛みや不快感が8割9割減って、あとは経過を見れば徐々に改善するであろうと思う症状が、気功をすると全く痛くない状態まで、その場で改善することもある。

 

こうなっては訳が分からないし、さらに気を極めたくなる。

 

結局は、整体も気功もどちらも成長せざるを得ないというのが現状ではあるが、気の可能性はまだまだあるようなので、さらに気を使った施術を解明していき、誰もが簡単に習得実践できるようになるまで落とし込みたいところである。


気功に関してご質問のある方は、下記の「友だち追加」のボタンをクリックし、自律神経気功院のLINEにお送りください。

院長の上野高寛が、個別に返信させていただきます。