丹田を操れると劇的に気功の威力が変わる話

 

気功と丹田の話って結構出てきますが、そんなに大切なの?と思っていた時期が私にもありました。

恥ずかしながら最近までです。

郭さんが、丹田を鍛えないと気功は全然意味ないよ!本物と偽物くらい違う、みんなほかの気功師は丹田知らないから、全然ダメ、パワー出てない!といつも言っています。

 

丹田の話になるといつも同じことを言うので、そんなに違うの?と思って聞いていました。

 

郭さんと一緒に気功の稽古?(気功ですでに気の稽古って意味なんですけどね)していると、鳩尾のあたりに感じたことのない感覚が感じるようになったのです横12.3センチ、縦5センチくらいの変な感覚が。

 

なんだこれと思って、さらに意識をしてみると、何かが違う、なんかいくつかの新しい感覚が沸き起こるような感じがしました。

力がみなぎるような感覚や、気分が清々しくなるような感覚、中二病臭いですけど力というか何かエネルギーが沸き起こるような感覚がハッキリと感じるのです。

 

なんだこれ、なんなんだと動揺していると郭さんが、「それです、そうです、やっとコツ掴んだ!今オーラ凄い大きくなってる、さっきまでと全然違う」と言ってくれました。

 

なんだかわからないけど、自分でも何かが違うし、郭さんも何かを認めてくれてるので、試しに動功をしてみると、フォームが全く違う体幹がしっかりしていて軸がブレていない。

 

突きや蹴りの威力が上がるし、こんなにも丹田を操れるのと操れないのとでは差が出るのかと驚きました。

 

何が起こったかというと中丹田を操れるようになったのでした。

 

その日は、中丹田の感覚を失わないように、しっかり覚えておけるように家に帰る途中や帰ってからもずっと意識し続けていました。

 

後日、気功の治療を丹田を意識して行うと、お客さんの反応も不調の改善度合いも今までとは全然違いました。

 

もともと私の気功は難病も改善出来ていたので、下手ではないと思うのですが、中丹田だけでこんなに違うのかと余りの差にめちゃくちゃ感心したのと、気功が一夜にして上達したので、とても嬉しくなりました。

 

これまでに郭さんが「タントウコウやスワイショウだと、気功ができるようになるのに5年10年はかかってしまう。

もっと早くに気功が上達できる方法あるよ」と言っていたのが、心から納得できた瞬間でもありました。

 

山登りでもそうですが、その高見まで行かないと見れない景色ってあるのと同じで、体得したものにしかわからない感覚があり、今回は見事にその一例でした。

 

郭さんの言葉を今まで以上に真剣に聞こうと思いましたし、またいつも常日頃、大切なことを教えてくれてるんだなと感謝しなおした日でもありました。

 

普通の日記になってるやないかい!


気功に関してご質問のある方は、下記の「友だち追加」のボタンをクリックし、自律神経気功院のLINEにお送りください。

院長の上野高寛が、個別に返信させていただきます。