狭いイメージ画像

氣功の世界は案外狭いというブログです。

氣功で本当に人の痛みや辛さや難病などが治るんだと経験してから、私は、何か為になる事はないかと氣功の本や、氣功師の方のブログなどを読んでいます。

そんな感じでたまたま、癌を治す氣功師のブログを読んでいる時に、○○先生はすごい氣功の先生と書いてあるのを見て、「小岩?え?俺の地元じゃね?なんか記憶にあるけど気のせい?」なんて感じで読み進めて、ちょっと調べてみると、

インターネットってすごいですね。出てきましたよ。その凄いと言われている氣功師の治療院の写真と先生の写真が。

10年ほど前の事で一回しか会ったことが無くても覚えていました。というか忘れるわけがないんです。

なんでその氣功師の先生を知っているかというと、今はもう取り壊されてしまっていますが、生まれた時から小学生高学年まで住んでいた家から50メートルない場所に、その氣功の先生のお店があったからです。

それと、生まれた家の真裏の人とその氣功師の先生が親戚だった気がするのと、

めちゃくちゃ家の近所だから何をするにも通る道で、小学生の頃に「あれ?いつの頃からかこんなところ(道路に面した一階のベランダに)に看板が出てる、こんなところでお客来るのかな?、まいっか遊びいこ~。」と思った記憶もあります。

何しろ本当に良く、良く知っている場所です。

子どもの頃は探検とかわけわかんない事言って、そこらじゅうの家と家の間の壁を登って、人の家に入らない以外はどこでも行きまくっていましたから。

大人なら完全に犯罪で捕まってるレベルですね。

そのあたりを思うと幼馴染の家や通いなれた銭湯など、思い返すときりがないほど懐かしい記憶があふれ出てきます。

家のすぐ隣の商店や床屋さん、駄菓子屋、銭湯、歯医者さん、お花屋さん、ガス屋さん、図書館、市場の後、街並み変わって全部なくなっちゃいましたね。

いつの間にか引っ越してきた銭湯のおじさん、最初は「こら!」とか、何をしたか忘れたけど、いきなり怒られてびびってたら、そのうち近所だから挨拶を交わすようになって、徐々に仲良くなって、銭湯に併設されてる家に上がらせてもらったりしました。

薪をくべるところとか、銭湯が始まる前の風呂とか、普通のお客が入れない所を見せてもらったり、将棋をしたり、思い出があります。

そして、またどこかに引っ越していってしまいました。あの銭湯のオッチャンどこいったんだろう。挨拶がしたい、、、遠い目

なぜ小岩の氣功師を知っているか話を戻すと、ちょうど治療業界に入るきっかけになった症状の坐骨神経痛があまりにも辛くて、「そういえば実家の近くに治療院あったよなぁ」と思って治療を受けたからです。

当時のその先生の印象は作務衣みたいな怪しい格好して、しかも髭が生えてて、そしてズラをかぶっていたのを覚えています。

小岩でズラをかぶってる氣功師なんて、たぶんそうそういないので、おそらくただ一人のはず、わかる人にはばれちゃいますね。

その先生の治療を受けている時に、先生が「俺の指先から気が出ていてこれでなんでも治っちゃう。」的な事を言っていて、「この先生やばいな、変な所に来ちゃったじゃねえかよ。」と仰向けて痛みをこらえながら思っていたのを覚えています。

そしてよくわからない内に、治療が終わり「まだ痛いけど大丈夫かよ。」と不安になりながらお金を払い治療院を出ました。

そして当時はドカドカうるさい直管のアメリカンのバイクに乗っていて、治療後すぐにバイクにまたがる時でした。

「めちゃくちゃいてえ、まるで治療を全く受けていないみたいにいてぇじゃねえかよ、、、マジ金損した。」と痛みをこらえながら家に帰ったのを思い出します。

そんな先生が東京の氣功の団体で、凄い先生って崇められてるって、その氣功の団体大丈夫なの? 氣功って時点でかなり怪しいのに、ますます怪しい団体じゃないのか?

無理やりまとめると氣功も、ピンキリという事ですね。

ここまで書くと氣功は怪しい、自分の坐骨神経痛は氣功では治らなかったで、終わってしまいますので、もう一つだけ書きます。

この小岩の氣功の先生のことをブログで書いていた方の奥さんは乳がんでしたが、2週間毎日氣功を受けたら、2週間後の病院の検査で乳がんが消えていたという話でした。

本当にあるみたいですね、癌が氣功で消えるって事。

でも、癌が治ってしまう事もある、凄い氣功の世界に入ったら、そんな怪しい団体に属してしまうというか、取り込まれてしまう怖さもあるって事を学びました。

ちなみに自分の知り合いで癌を治療するという風に患者さんを診てはいないけれど、そこの治療を受けて癌が治ったという人の紹介で、癌患者を診ているカイロプラクティックの先生を知っています。(カイロの世界ではレジェンド)

世の中、病院の屋上で太陽の光を浴びながら瞑想していたら癌が治った。克服できた。という方もいるくらいですから、極稀に奇跡のような不思議な事があるんでしょうね。

思わず子供の頃のことを思い出して、関係ないこと沢山書いてしまいましたが、

氣功の世界は案外狭いという氣功のブログでした。