ついさっきの話。

なんで気功を始めたんですか?と新規のお客さんに聞かれた。

え?っと一瞬考えてしまった。

どうやって気功が出来るようになったのかを聞かれたことは山ほどあるが、なんで気功を始めたのかを聞かれたことはおそらくなくて、返答に困ってしまったからだ。

数秒考えてみて、そういえば、偶然にもお客さんに触れず治療できる方法を発見した時に、なにこれ!面白い!!と思ったのが気功を始めたきっかけだという事を思い出した。

それからのめり込んでいって、分からない事がでてきたり、新しいことが分かったり、また気付きや疑問が出てきて解決して成長しての繰り返しで今に至る。

ただただ不思議で楽しくて続けている。

今思えば自分の環境はとても恵まれていた、整体師でもあるからお客に協力や承諾を得て、実際の患者を気功で治療出来たからだ。

通常はこうはいかない、たとえば気功を本で見たり、動画で見て学んでも試す環境がない。

 

また幸いにも実力のある気功師の方々に巡り合えたので、電話とかで聞いてみると、すぐ教えてくれて案外と答えが簡単に手に入る環境があるので、とっても感謝している。

一人だけでは自分の気功の腕がどれほどのものなのか、成長できているのかすらも分からないかもしれない。

自分でやっても気付きや発見がない人は結局習わないとただ時間が流れていてしまうだけになる、というかそういう人を何人も見てきた。

最初の切っ掛け当初から、気功の先生に意見をが聞けて、また自分で修練して、疑問が出てきて答えが見つかって上達しての繰り返しで今に至る。

だからよく独学ですか?と聞かれるが、正直分からない。

私の師匠は発見であり気づきであり、DVDであり、本であり、気功師の方々である。

とにかく気功をしていて色々な発見があって楽しい事は事実である。