今回は気功と瞑想の話

 

新しく気功の教室に入った生徒の第1回目の講座

ヨガなどをしていて瞑想はしたことがあるというので、どのような瞑想か聞くと、体を意識する瞑想の仕方とか意識を開放するイメージやリラックスするという話だった。

瞑想の経験者という事でさっそく実際にやってみようという事で、一緒に15分ほど瞑想をしてみた。

 

結果を聞くと、身体が熱い、血行が良くなったようにポカポカしていると教えてくれた。

普段瞑想をしていて体が熱くなることはあるかと質問すると、今までにこういうことが起きたことがなかったという。

 

なぜ、体が熱くなるかというと、2つの理由がある

一つ目はなぜ私と一緒に瞑想をしている人にまで影響するのかというと、気功の世界には帯功といって、気功の師が弟子と一緒に練功(気の練習)をすると、師匠の気の場、空間が出来上がり、周りにいる弟子に影響・効果を及ぼすからです。

師弟関係ではなく、気の出来る人が多くいればさらに相乗効果で良い効果は発生するのです。

 

もう一つの理由は現時点で私が出来る2種類の瞑想法の一つをしたからです。

気功の教室で瞑想をしている時に、私は2種類の瞑想をする。

一つは薄くなる、身体全体の感覚を均一化していく瞑想である。

体を透明というか均一化していくと、空気が澄んだような感覚になり、生徒もリラックスし心地よさそうにしている。

もう一つは身体の内側から外側にエネルギーを放出するように意識して瞑想するやり方がある。

 

この状態で瞑想を行った後に生徒に感想を聞くと、今回と同じように体が熱くなる、血行が良くなったようにポカポカするという。

今回行ったのは2つ目の丹田を開いて気を放出すると体が熱くなる方を行ったので生徒さんの体が熱くなったという事になります。

これは偶然ではなく、過去に気功の教室で瞑想を行って何回か試して、再現したことがあるので偶然ではなく再現性がある現象です。

またどちらの瞑想をするか事前に私が説明していないので、暗示や催眠効果も作用することはないのです。

まだほかに他人に影響を及ばす瞑想法があるのかは分からないが、私の知っている瞑想の方法は今のところに種類である。

瞑想を敷いている方は、せっかく瞑想をするのだから、明確な変化を感じられる瞑想が出来るようになってほしいと思います。