母親の墓参りに行ったら、不思議な事が起きた話

墓参りのイメージ画像

ほとんどのスピリチュアルな出来事は思い込みが、強い人がなりやすい錯覚と思っているから基本信じてはいない。

 

千葉の野球場の近くにあるお墓に墓参りに行った時、母親の墓に水をかけたり、軽く掃除をしたりと一通り終わった帰りしな、ふと向こうに目をやると、その一角だけ古いお墓が固まって建っているのが遠めに見えた。

 

父親に聞くと〇〇さんという古くからある地主さんのお墓で、でっかいお墓が建っていると教えてくれた。

 

古い寺や日本家屋、築五十年以上のボロアパートなど風情がある建物が好きな自分は、その一角に興味をかられて間近に見てみたいと、そのお墓に近づいて行った。

 

しかし、縁もゆかりもない身分なので、その一角に入る時に軽く頭を下げるように一礼してからお墓を拝見させてもらった。

 

ぱっと見でわかるほどの古い墓標に天保何年とずいぶん昔の年号が書いてあった。

 

戒名を見ると、古いものほど名前が短く、〇〇信士となっていて、四文字だけの戒名があった。

 

年号が天保、明治、大正、昭和と最近のものになるにつれて戒名の文字数も増えていき、直近のものは15文字以上あり、院の文字も入っている大層立派な戒名だった。

(院という文字は、大名や上級武士に用いられる号位のうちの一文字)

 

「あれ?昔は随分とシンプルな戒名ついてるけど、やっぱり金儲け主義の坊主が増えたのか、お金次第では随分地位の高い戒名をもらえるようになったのかな?」などと勝手に解釈していた。

 

などと妄想しながら、その一角の四つほど家名が異なる大きなお墓を、一つ一つお墓の通り道から眺めさせてもらった。

 

すると、地元に貢献したとか、遠い地にも献金したり随分と功績を残したことを記した墓標があったりして、大きなお墓のある家系には、こういう方もいるのだなと考えにひたっていた。

 

五分もいなかったが長居は失礼だから、そろそろ出ようと10メートルほど歩いて、その一角を出た時に、さっきより明らかに両足が痛くなく随分と歩きやすい事に気がついた。

 

というのも、その日は自宅を出た時から足が痛くて左足を引きずって歩いていたからだ。

 

墓参りはこの足ではきついけど、親孝行も兼ねて行くし、地元の駅に着けば父親が墓まで運転してくれるから、とりあえず行けばなんとかなると自宅を出る時に考えていた。

 

足を痛めたのは普段は歩いて目と鼻の先にある職場に通勤しているので、歩く事はほとんどない。

 

千歩も歩かない日もあるほど、歩く機会がない自分が二週続けて散歩をしたら、一回目に2時間歩いたら左足の甲が痛くなり足を引きずるようになった。

 

数日後にまだ足が痛いまま1時間半歩いたら時間が経っても足の痛みが引かなくなり、その足で墓参りに向かったというわけだ。

 

それが、その一角を出た時には痛みが半分以上減っていたので驚いたのだ。

 

気のせいかと思って先ほどまでの両足の状態を思い出してみると、歩く時に蟹股にならないと痛みと違和感で歩けなかった。

 

そして右足の膝の内側に突っ張る感じというか強張る感覚もあった。

左足の甲も右半分内側は親指の付け根から足首の根元まで、歩くたびにハッキリと痛みがあった。

 

それが右足の内側の間隔は違和感程度に変わっていて、左足の甲も痛み残っていたが半分ほどで、蟹股もならずスムーズに歩きやすく変わっていた。

 

自分は痛みに鈍い方なので、痛みはしっかり覚えておこうと、いつもどこか痛くなると記憶するようにしているので、勘違いはないはず、しかも立ち入ったのは5分もないと思う。

 

なんでこんなに急に症状が軽くなったのかは分からない。

 

ただお墓の前で立って眺めていただけということは、立ち止まったたことで休憩が取れて痛みが引いたのかもしれない。

 

でも、行きの車の中では20分ほど後部座席で、だらしなくくつろいだ後、お墓について歩きだした時の方が確実に歩きにくかったし痛かったから立ち止まったせいではないはず。

 

だとすると、基本私が信じないスピリチュアルな事が起きたのかもしれない。

 

つまり、そこの地主さんのおかげだったのか、立派な家柄の方たちがお墓を建てる場所だから、ちょっとしたパワースポットになっているのかどうかは分からないが、自分の両足が楽になったのは間違いない。

 

そんな馬鹿な話があるかと思ってはみたものの、私自身の仕事でやっている遠隔の気功や、私の気功を受けて難病が治った人もいる、数秒触られただけで痛みがないと驚く人がいるのも今は慣れてしまって当たり前になっている。

 

私のもう一つの仕事でもある整体で、手術しないと治らないと診断書まで出された不調を幾度となく改善させた実績も数えきれない程ある。

 

今言った私が普段仕事でしていて当たり前になってしまった事は、体験したことがない人が聞いたら、今回私が体験したことと同じで、ただの出まかせや、勘違いで片付けられてしまう話だ。

 

それではロマンがなくてつまらないので、あの一角のお墓の一族のお力か、ちょっとしたパワースポットだったのかな?と考えたほうが面白いのでそうしときます。

 

母親の墓参りはたびたび行ってるけど、こんなことスピリチュアル的な事が起きたのは初めてだから、母親のおかげでもないと思う(笑)

 

ホントの答えは謎のまま

 


気功に関してご質問のある方は、下記の「友だち追加」のボタンをクリックし、自律神経気功院のLINEにお送りください。

院長の上野高寛が、個別に返信させていただきます。