抗がん剤の副作用による吐き気のイメージ

知り合いの女性が、乳がんになってしまったので氣功で何とかならないかと尋ねてきました。

 

今後の治療方針は抗がん剤の後に、片方の乳房を全摘出手術をすることになったとのこと。

 

事が事だけに、無責任に答えられないので、臨床の実績を増やすために、料金はいらないから氣功を受けて欲しいと言うと、快く承諾してくれました。

 

抗がん剤治療は3週間に1回、合計8回受ける予定で、すでに3回終えていました。

 

初回の氣功を受ける時は、3回の目の抗がん剤治療の副作用は、すでに治まっていて、4回目の抗がん剤治療を受ける前でした。

 

 

数メートル離れて、気を送ると10分ほで左右の脇の下から、体の芯がポカポカ温まった感じがすると驚かれました。

 

 

初回は特に体の不調もないとのことでしたので、手も触れずに気を送るだけで体が温まるという体の変化で終わりました。

 

 

初回から数日たち4回目の抗がん剤を受けた当日に、徐々に気分が悪くなってきたと連絡があったので、その場で遠隔で氣功を送りました。

 

15分ほど電話を通話状態にして気を送った後に、「体調はどうですか?」と尋ねると、「すみません寝てました。でもいつもは抗がん剤の副作用の吐き気で、3日間は夜も寝ることが出来ないので、昼寝が出来ることが驚きです。」と返事が返ってきました。

 

副作用の吐き気はなくなりましたが、胃のむかつきと怠さは残るとのことでしたので、「そのまま楽にして休んでいてください。」と伝えて遠隔の氣功治療は終えました。

 

翌日にラインで連絡があり、「昨日は夜眠れてびっくりしました。これまでの3回は3日間夜も眠れずにいたので、私が辛そうにしているのを見て家族も心配してましたが、それもなく助かりました。」とのことでした。

 

今回は抗がん剤治療を受けた当日に氣功をして、当日と翌日は楽でしたが、2日後にはまた副作用の吐き気が戻ってきてという感じでした。

 

結果として、癌の抗がん剤の副作用に吐き気に、氣功は効果があるという事です。

 

しかし、抗がん剤の治療から1週間の間で副作用は消えるので、その間に2日に1回の間隔で氣功の治療を受ければ、副作用をもろに受けずに、何もしないより楽に過ごせるという結果になりました。

 

まだあと3回抗がん剤の治療を受ける予定とのことなので、再現性があるか氣功の治療をして確認します。