あなたがもし、気功を習いたい!気功で自分も健康になりたい!将来気功の治療院を開いて人を健康にしたい!と思うなら、このブログにその答えが書いてあります。

 

まず、どうやって気功師になるのか、気功の先生を見つけるのかというところからお話しします。

 

気功教室は二種類の気功を教えてくれる

一種類目 自分が健康になれる気功

気功はは幅広い不調を元気にしてくれます、一般的な不調である肩こり・腰痛・頭痛から、ちょっと信じられないかもしれませんが癌が治ったという人や、癌が治ったという本を出している人までいます。

体操のように自分の体を動かしたり気が出ている想像をするなど色々な運動があります。

 

二種類目 相手を癒す気功

一般的に気功治療や気功療法と呼ばれる気功が教えてもらえます。

家族や知り合いなど相手に気を送って自然治癒力を高めて、相手の病気を治りやすい状態にする気功です。

 

 

以上のように気功には大きく分けてに自分にする気功と、相手に行う気功があります。

 

次はどのような気功の先生に習ったら良いのか、ヒントを教えます。

 

良い気功の先生とはどんな人?

ダメな先生の例

1 気功を教えているだけで開業していない先生 

お店を構えていないというと事は、臨床の実績を積んでいないという事です。

 

この仕事は施術をした回数より、どれだけ改善実績を積んできたかで、気功の腕に雲泥の差が出ます。

 

道場拳法という言葉がある通り、気功の施術も真剣勝負と稽古は違います。

 

それを踏まえるとお店を構えていない気功の先生はおススメしません。

 

2 経営のノウハウを教えてもらえない

もしこれから通おうとしてる、もしくは通っている気功の先生が、気功を教えているだけで、気功の治療院を経営していないとします。

その場合は本当にその気功の先生から気功を学び続けてよいのか、今一度考えてみることをおすすめします。

 

なぜなら、もしあなたが将来気功の治療ができるようになって、その後独立開業するとします。

 

暇な気功の治療院の先生からは、経営の秘訣やノウハウを教えてもらえる確率は高くないでしょう。

 

経営が上手くない先生から気功を習って、先生と同じことをしてたら、将来の自分の店も暇になってしまいます。

 

経営どころか借金がだけが残ってしまうかもしれず、人を治したいという純粋な心も、勿体ないことになってしまいます。

 

教えてもらう予定の先生の治療院の経営がうまくいってなかったら、ちょっと考えてみてもよいかもしれません。

 

でも、ものすごく腕は良いけど、経営が上手くいってない先生なら、その先生に気功は教えてもらって、経営は別のところで学ぶのもよいでしょう。

 

授業料も安くはないはず、月日も無駄になってしまう状態ではあなたの人生の計画も遅れてしまいます。

 

良い先生の例

繁盛治療院を経営している先生に教わる

なぜ流行っている気功の治療院を経営している先生から教わるかというと、もし、あなたが繁盛気功院の先生から気功の治療を学んだとします。

 

きっとその先生はどうしたら気功の治療院で繁盛したり、経営が上手くできるかを教えてくれるはずです。

 

しっかり気功の治療院が繁盛している気功の先生なら、文句なしで気功を習っていいと思います。

 

でも繁盛しているからといって気功が達人のように凄いかは全く別の話になります。

初心者や未経験の人は繁盛している=気功の腕もよい、と思っている人も多いかもしれませんが実は違います。

 

でも少なくとも繁盛している気功の治療院を経営してるということは、気功の腕もまったくの偽物ということも考えられにくいので、きっとよい先生でしょう。

 

気功の治療院を開業したい方がいるとしたら、何はともあれ繁盛している治療院を経営している先生に気功を教えてもらうと、グッと成功の確率が上がるということです。

 

そうすれば、あなたが気功の治療をしっかりできるようになって、独立開業した時に、たくさんの人を健康にできるようになり、多くの人の役に立つことができますから。

 

ぜひ、良い気功の先生を見つけて、あなたも沢山の人を健康に導いてください。

 

応援しています。