ペットのイメージ画像

日々氣功をしている私にとって人間に氣功が効くのは、当たり前というと変ですが、慣れ親しんだ至って普通の事です。

しかし動物に氣功をするのは、ほとんどない事、今回は数少ない動物に氣功をした話をします。

はじめてペットに氣功を行ったのは数年前の事、知り合いのペットの猫が食欲がなくなって元気もなくなり、動物病院に通っているとのことでした。

お酒や水に気を送ると水の味が変わったり、石や何かに気を込めると気の入った力のある石になるというのは以前から知っていたので、当然動物にも気は効くだろうと思ってい、ペットの猫に氣功をすることにしました。

氣功を始めると数分で大人しくなり、うっとりとして眠たそうにしていました。

当然、猫は話すことが出来ないので、気が通ったかな?という感じがしたので、様子を見てくださいと言ってその日は気の治療を終えました。

次の日に猫の様子を尋ねると食欲が戻って普通に食事をしているとのことでした。

初めての事で驚いたのと、ペットの氣功が成功してとても嬉しかった事、猫が元気になってよかった事を覚えています。

猫のイメージ画像

別の機会には、以前は元気にソファーから飛び降りていたのが、いつのころからか一人で降りられなくなってしまった老犬に氣功をしました。

すると何となく以前より元気な感じがする、ソファーから一人で飛び降りていてビックリしたと、飼い主さんも老犬が元気になったのが分かるというように氣功の効果を実感しました、

 

犬や猫以外にはフクロウにも氣功を行ったことがあります。

フクロウのイメージ画像

フクロウが20匹以上いるフクロウカフェに行った時の事です。

元気がなくなってしまったフクロウに試しに気を送ってほしいと言われて、気を送った時の事です。

初めに氣功をしたフクロウは、同じ場所をぴょんぴょん行ったり来たりして落ち着かなくなっていました。

飼い主さんもこんなに落ち着きがなくて何かに動揺しているのは見たことがないと驚くほどでした。

このフクロウはどこが具合が悪いという事はなく、なんだか最近元気がないという事で氣功をしたので、氣功の効果は落ち着きがなくなると言った程度で終わりました。

二羽目のフクロウは足が悪いため自分で飛べなくなってしまって、先ほどのフクロウよりさらに元気がないとのことでした。

二匹目のフクロウに氣功をしてみると、普段はあまり歩くことすらしないのに、ちょこちょこと歩き出していると飼い主さんが変化を感じ取りました。

そしてためしに腕にフクロウをつかまらせてのせると飼い主さんが驚いていました。

普段なら10回くらいバタバタと翼を羽ばたかたないと、安定して腕に乗っていられないのに、2回ほどバタつかせただけで安定してつかまっていると教えてくれました。

一回で見て分かる変化が出てよかったと安心しました。

 

定期的に行ったわけではないので、その後の様子はわかりませんが、通院される方と同じで、回数を増やせば良くなったと思います。

今回はペットの氣功のお話でした。