氣功で治療をやってから気が付いたことがあります。

一般的に氣功というと、自分で氣功をやって健康になる氣功と、氣功治療といって相手に気を送って病気を治すという氣功があります。

今回は相手に気を送った場合の氣功治療の効果のブログです。

はじめに氣功にはエネルギーの強い弱いがあるので他の氣功師のことはわかりませんが、自分の氣功にはどのような効果があるかというと、自分の気を受けた相手は間違いなく100%姿勢がよくなります。

私は池袋こころとからだの整体院という整体院を経営して8年以上が経ちました。

起立性調節障害、うつ病、パニック障害、自律神経失調症などは良くなって当たり前です。

そしてその他の難病や病名はあるけど現代医学では治療法がない症状(線維筋痛症・突発性難聴・機能性ディスペプシア・橋本病)なども常に結果を出し続けてきました。

そんな私なので整体で姿勢矯正なんて出来て当然です。絶対の自信があります。

ところが氣功で治療をするようになって、ただ相手に向かって手で扇ぐように気を送るだけで氣功を受けた人の姿勢がどんどん良くなるなんて!正直驚きました。

氣功を受けてもらう前に、全身が映る鏡でビーフォーを確認してもらい、氣功を受けてもらった後でアフターを確認してもらうと、気を受けた本人も驚くほど姿勢がまっすぐ良くなっているのです。

10年近く整体でキャリアと経験と知識を踏まえて、手で扇ぐだけのような氣功の効果で、なぜこれほどまでに姿勢矯正の効果があるのか一つの答えにたどり着きました。

それは、整体や鍼灸(針治療)、カイロプラクティック、オステオパシーなどいろいろな代替医療があります。

これら代替医療といわれる民間療法?治療法?と氣功の違いは、というか自分の氣功の違いがあります。

何が違うかというと、代替医療の場合は検査や見立てをして、原因と思われる個所や、症状が出ている個所を施術します。

しかしこれらの治療法は落とし穴があります。

それは見立てが間違ったり、検査で見落としたり、症状にテクニックがあっていなかったりすると全く効果が出ないのです。

しかし、自分の氣功の場合は相手の全身に満遍なく気を送るので、穴がないというか、見落としや、治療で空振りすることがないのです。

だから、自分の氣功を受けた人は、確実に姿勢がよくなるのです。

そしてもう一つ利点があって、全体に効果があるので、よい状態が長持ちしやすいということです。

その場しのぎの治療や、すぐ元に戻ってしまうような方法とは違うのです。

その他、穴がないということは、まんべんなく効果があるので、いろいろな不調が一度に良くなるという特徴もあります。

なぜ自分の氣功の効果と言うか?というと、この姿勢がよくなる効果は自分独自の氣功なのか? 他の氣功師のことはわからないからです。

たとえばじぶんの氣功は全身に一度におくりますが、氣功師によっては手で触ったところにしか効果がない氣功もあるからです。

今回は、氣功は姿勢矯正の効果があるというブログを書きましたが、

無論、頭痛や肩こりや腰痛、手足のしびれ・痛みなど一般的な症状だけにとどまらず、難病にも氣功は効果はあります。

なにか病院で解決できない場合は、氣功を試してみるのもよいかと思いますが、

まずは病院に行って検査を受けて、治療法がある場合は医師の治療方針に沿った治療を受けること。

そして病院ではちょっとあまり改善が見られないなと思ったら併用して氣功や整体などの代替医療や民間療法を受けると良いかもしれません。

でも氣功なども含めては9割以上が偽物だと思った方がよいと思います。

でも本物も極稀にいます。

要は本当に仕事ができる人なんて1割ないくらいかと思いますし、食べ物屋さんでも1割おいしい店があったらめっけもんてのと同じ理屈ではないでしょうか。

そこらへんにゴッドハンドばかりだったら、もっと皆さんに活用されてるはずですから。

ちょっと話がそれましたが、氣功には姿勢矯正の効果があるよっというブログでした。