最初は奥さんが来ていたのですが、その後紹介して頂いたご主人からから予約の電話がありました。

一年に一回あるかないか、何か不調があると来てくれる方でして、今回も何か不調が出たのかと思っていたら、中学の同級生の足の調子が悪いというので、その同級生の方を見てほしいとのことでした。

ご主人と同級生が来院されて話を聞くと、少し前から足や腰に違和感がでるようになり、気が付けば朝起きたら足がしびれて、腰も痛くなっていたとのことでした。

病院に行くと坐骨神経痛ではないかと診断され痛み止めを渡され様子を見てくださいと言われたそうですが、治りが悪いので施術を受けに来ることにしたそうです。

立って歩いてもらうと体を片側に傾かせながら足を引きずっていて、試しに少し速く歩いてもらおうとすると痛くて早くは歩けませんでした。

ほかに痛みが出る動きをしてもらうと体をねじったり、横に倒してもらうと、右足の太ももに痛みとしびれが走ると痛々しくしていました。

しゃがむのも辛そうで、しゃがみ終えるタイミングで痛みとしびれてふらついてしまいました。

ただでさえ痛いところに色々痛みを誘発さえる動きをしてもらうのは大変申し訳ないのですが、ビフォーをしっかり確認しておけば、アフターとの違いがよりはっきり分かるのであえてしてもらっているのです。

ここで大変な症状の方が来たから、早く痛みを取ってあげないとなど、動揺して施術をすると、患者さんも痛みがどれほど引いたのか、どれほど動けるようになったのか分からず、気功の効果に気が付けない人もいるので、検査が大切になるのです。

痛みが出る動作などご自身の症状を今一度しっかり把握して頂いたので、いつものように触れずに気を送って5分くらいして歩いてもらうと、あれ?さっきより楽だと半信半疑で驚かれていました。

「あと20分ほど送るので、そのまま起きるなり座るなりして楽な体勢でいてください。」とお願いして気を送り続けました。

20分ほど気を送ると痛みやしびれが7割減って、あと3割ほど残る程度まで改善しました。

歩いてもらうと多少痛みはあるものの、気の治療を受ける前よりは早く歩けて、足を引きずる事もなく歩いているのが見て取れました。

それと途中から背中やお尻が温かくなってきていると言っていたので、血液が足りない所や体が冷えているところに血が流れて血行が良くなったと説明しました。

本物の気の効果だとこれくらい当たり前に起こる事です。

気の治療の後に、運が良ければこのまま良くなるし、まだ痛みが残るようなら、あと数回来てくださいと伝えて気の治療を終えました。

気功で足のしびれや腰痛が、なぜ治るのが信じられない方もいるでしょうが、ほぼ検査以外は触らずに気を送った結果起こった事実なのです。

見たことがない方は信じられないですが、今回の紹介いただいた同級生の方は自分の足のしびれと腰痛が改善しているので、信じざるをえないようでした。

同級生を連れて来られたご主人も、そうなんだよ理屈とか何が何だかわけわかんないけど、本当に良くはなるんだよと、同級生の方と話されていました。

ここで今回起きたことは奇跡でも何でもなく、しっかり気功を学んだ人なら誰でもできる施術の方法なのです。

いつもこんな感じに気功で施術して良い結果が出ています。

なぜ安定して気の治療で効果を出せるのかというと、なぜなら人体を構成する組織はみな同じだから、大なり小なり多少の差はあっても皆同じように効果が出るのです。

しかし、すべての気功師が同じような結果を出せるわけではありません、中には気功と称してただのマッサージをしていたりという気功の治療院もありますので。

もし、長年の坐骨神経痛や、腰痛でお困りのようでしたら、ぜひ気功を試してみてください。

私がここに書いた内容が実際に目の前で起こるのを体験できますので。

私のブログの記事で、自信があるように見えるという感想をいただくのですが、自分が治るというのではなく、私の気功を受けたお客さんが良くなったという皆教えてくれるので、いつもどおり、この人も良くなるだろうなという感じで話しているだけ、自信があるというわけではありません。

いつもうまくいってるのに、上手くいかない時があったら逆に驚きませんか?