心の傷が症状を生み出す本当の根本原因

心の傷は、いじめ、両親の不仲、親から子供への価値観の押しつけ、親が厳しい、体罰、友達とのいざこざ、引っ越し、家族の入院、パワハラ、セクハラというようにストレスを強く受けるとできます。

何年何十年たっても消えない心の傷もあります。

精神的なストレスだけでなく交通事故や骨折、打撲、など直接的な怪我や肉体的なストレスも心の傷に繋がります。

心の傷は、思い起こすと憂鬱になるだけではなく、体に症状となって現れます。

なぜなら、心も体も一つだからです。

人間の価値観や考え方でこころとからだは別のものとされているだけで、現実はこころとからだは一つで、イコールです。

その証拠に心が傷つけば体がだるくなったりやる気がなくなって動けなくなります。

体が傷つけば心も痛くなります。

こころとからだは一つという事です。

だから心にストレスを受ける、つまり感情が深く傷つくと、体に症状としてサインが出て当たり前なのです。

でも、心の傷や自分がどれだけ傷ついているかを、本人が気が付いていないこともあります。

なぜなら、こんな話は普通しないし、自分の感情を見つめるという事を普段しないからです。

時間も暇もない日々に追われている忙しい毎日なのでなおさら顧みることはありません。

だから皆、自分では心が傷ついていても気付けないのです。

自分の心の傷には気が付けないけれど、なんだか昔の自分と違う気がする、ふとした時に心にモヤがかかる時がある、悶々とした時間だけが過ぎていくのです。

解決方法もわからず違和感をぬぐい切れずにどうしたらよいか分からないといった感じです。

そしてある人は、体調に心の傷が表れて痛み、痺れ、だるさ、不眠といった症状となります。

ある人は心に症状があらわれて、うつ病、強迫性障害、パニック障害、動悸、不安感、強迫観念、怒り、やる気がない、集中力が続かない、無気力など感じるようになります。

ある人は拒食となりやせ細り、過食となり肥満となり見た目にも症状が出ます。

見た目に分かる症状は猫背や巻き肩なども同じです。

その症状は自分だけではなく、対外的にもなります、対人関係が苦手になる、人見知り、人間不信、対人恐怖というようにです。

反抗期は子供の人格を尊重しない身勝手な親の教育観念や不安感の押し付けが、反発となって反抗期として現れてるだけです。親子関係が良い家庭は反抗期なんてありません。

そして、どんどん内向的ネガティブな思考や感情になり、本人の人生は消極的になってしまいます。

消極的になれば外出が苦手になれば不登校、引き籠りといった結果が待っていてもふしぎではありません、むしろ、自然な流れです。

負の連鎖が起こってしまうのです。

心の傷は人生に深刻な問題を引き起こすのです。

そして、人生を悲しい方向に導いてしまうのです。

この負の力は潜在意識までに及ぶので、自分の意志ではどうにもならない程、強力な威力があるのです。

だからたとえ自分でも何か違う、間違えている、違和感として自覚してしても、思うように行動できない、歯がゆさに悩まされてもあらがえないのです。

こうなってしまっては、親や親友など身近な人が、どんなに気の利いたことや励ましや優しさで接しても効果はありません。

何故なら言葉だけでどうにかなるような問題ではないからです。

手足が骨折した人を励ましや同情や共感の言葉で、げんきにできるでしょうか?無理ですよね。

心の傷を理解していないことにより、無理に優しい声をかけて余計に負担になってしまう場合があるのは事の為です。

だから、周りの人は見守る事しかできいないのです。

これらを医者の投薬治療で良くなると思いますか?

私は思いません。

私が解決している方法は、心の傷を癒す、解消する事です。

つまり簡単に言うとトラウマの解消を行います。

すると心の傷が癒されて、ネガティブな感情や心の憂いが消えていくと、本当に意味で人は癒されるのです。

そして、心の傷が癒えると、見えたり感じる形で表れていた症状たちが治っていくのです。

これが本当の意味で根本原因から解決する真の解決方法であり癒しであるのです。

これが正真正銘本物のヒーリングというのです。

なぜ、ヒーリングが出来るようになったかというと、10年以上前に坐骨神経痛になり、人の紹介で手技療法のお店で、改善したことにより整体師になりました。

そして、整体やカイロプラクティックやオステオパシーといったボディーワークを学んで、かなりの確率で結果を出せるようになっても、上手くいかない時がありました。

そして、体だけを施術してもダメだと思いトラウマの治療法を学び実践した結果、心を治療すると体も改善することを実証出来ました。

でも、まだ満足いく結果は出ませんでした。

そして、気功などのエネルギーワークを学ぶようになりました。

気功を学ぶうちに、遠隔の気功法を体得したり、手を触れずに気を送って難病が治ったり、癌が小さくなるのを経験しました。

それでも納得いかずに、上手くいけば自分より上手い人はいる、もっと早く治せる人はいると思って、上手くいかなかったときは自分はダメだと思ってやってきました。

そして試行錯誤するうちに、心の傷が症状の根本原因だという事が分かりました。

なぜわかったかといういうと、ボディーワークやエネルギーワーク、トラウマの治療を経て、出来るようになったヒーリングで心の傷を癒すと、人が自分の力で治せる症状は全て治っていくことが分かったからです。

この効果は万能ではなく人間が本来もつ回復力や治癒力では太刀打ちできない毒、病原菌、ウイルスなど、人が自分の力では治せない原因の症状を治すことは無理です。

また私がまだやったことのない症状についても治るかどうかはわかりません、なぜなら人は知識や経験の外側の問題は未知だからです。

未知という事は判断がつかない、想定の域を出ないからです。

それ以外ならどのような症状でも治すことが可能という事が分かりました。

ちなみに厳密には私が治しているという言葉は正確ではありません。

症状の根本原因が解消されれば勝手に治っていくようにお手伝いするという言い方が正確です。

自分で自分の健康を維持する力、自然治癒力という治す力がなくなってしまうと、健康を維持できなくなり、年月をかけて時には一気に人のこころとからだを不健康にして、平穏な日常生活が送れなくなってしまいます。

これを再度元気な時と同じように働かせるお手伝いがヒーリングのもつ力のうちの一つなのです。

しかし本物は10人に一人もいないでしょう、そして本物だとしても本当に人を癒す力のある人はさらに10人に一人、もっと少ないかもしれませんが、諦めずに探し出してください。

あなたの心の傷を癒して、孤独、不安、恐怖、寂しさ、怒りなどの苦しみから解放してくれます。

そして身体的不調も心の傷が癒えるとともに、解消されていきます。

心の不調

自律神経失調症、拒食、過食、不安障害、強迫性障害、パニック障害、うつ病、

体の不調

ヘルニアが原因とされる痛みしびれ、肩こり、腰痛、首コリ、慢性疲労、眼精疲労、頭痛、めまい、ふらつき、不眠、動悸、息苦しさ、腹痛、下痢、便秘、

猫背、肥満、巻き肩

など幅広い不調に効果を及ぼしますが、病気は本来の姿ではないので、本来のこころとからだが健康なあなたに戻るという事です。

ヒーリングの効果はヒーリングの最中や直後から感じられ、日がたつにつれて徐々に回復していくこともあります。

その場で効果を感じられないのでは、本物のヒーリングとは言えません。

表面上の問題ではなく、潜在意識まで及んでしまった心の傷を癒せるヒーラーに出会えれば、あなたの人生は必ず明るい方向に向かっていきます。

ヒーリングの効果は他にもありますが、今回は癒すという事をテーマにお話ししました。

今後は、もしかしたら才能や可能性の開花という効果についてもお話ししたいと思います。